治療の流れ

今までの咬み合わせの診方

今までの咬み合わせの診断は咬合器という器械を使って行っていました。
咬合器は人の顎の動きを精密に再現させる道具です。
ただ、どういう動きを再現しているかというと、咬んだ状態、歯を前後、左右に滑らせるといった動きだけを再現するものであって、しゃべる、食事を食べる、飲み込むといった日常生活に必要な顎の動きを再現するものではなかったのです。このように、限られた動きを再現したとしても、人の顎の働きを理解し、正しい顎の位置を診断するのには限界があったのです。

ニューロマスキュラー理論とは

ニューロマスキュラー理論は1972年にアメリカのバーナードジャンケルソン先生によって開発されました。
日本語に直訳すると、神経筋肉理論ということになります。
咬み合せの位置(顎の位置)を神経や筋肉にとって、最も調和のとれた状態にする考え方です。

咬合器を使った咬みあわせの理論では、筋肉や姿勢のバランスなどをまったく考えていなかったので、神経や筋肉、骨格のバランスにとって必ずしも良い咬み合わせとは限らず、歯や筋肉に負担がかかり、肩こりや頭痛、耳鳴り、顎関節の痛みや引っ掛かり、歯の動揺など、様々な不定愁訴を引き起こしているのです。
そこで、ニューロマスキュラー理論が開発されたのです。
そして筋肉の働きを調べる筋電計、顎の動きを三次元的にモニター上に映し出すような顎運動装置を備えたK-7というコンピュータ機器が登場し、人間の咬みあわせの仕組みをより深く理解することができるようになりました。それによって、その人が持つ咬み合せが体に調和したものなのか、筋肉の働きが正常かどうか、顎の関節に問題を起こしてないのかが客観的にわかるようになったのです。

あごの関節にとっても、筋肉にとっても良い、歯並びにとっても良い咬み合わせを筋電図や顎運動検査により見つけ出し、それを顎関節症の治療とし応用していくことができます。
この理論は咬み合せが原因で頭頸部(頭と頸椎周辺部)の痛みを持つ全世界の人に役に立つものと考えられています。

正しいあごの位置について

顎関節症を治療するうえではじめに考えることは、あなたのあごは正しい位置にあるか?ということです。
多くの場合、顎関節症の原因は、ずれた噛み合わせにあります。
あなたの歯並びにより、気が付かないうちにずれた顎の位置で習慣的に咬みあわせていることが原因の大部分です。
つまり、顎の位置がずれることにより、顎関節に痛みやクリック音が生じ、頸椎のずれを伴う肩こりや頸部の痛み、歯への負担から動揺や知覚過敏などが生じるのです。
それでは、正しいあごの位置はどこでしょうか?
それは、下顎安静位といわれています。つまり、姿勢を整えた状態で歯を咬まずに顎の筋肉をリラックスさせたときに、重力に逆らわずに顎が自然にぶら下がっている位置なのです。
つまり下顎安静位とは、正しい顎の位置を診断する基準となる位置です。

そして、下顎安静位から自然に顎が閉じてきた位置を筋肉位(姿勢位ともいう)といいます。
筋肉位がつまり理想的な噛み合わせの位置ということになります。
治療により、あなたのずれた噛み合わせを筋肉位へと修正していくのが当医院での治療ということになります。

顎関節症を科学的データで診断・診断予約詳細はこちら

電話相談は無料です