治療体験談

池田親興さん(野球解説者)51才 男性

初診時の症状
野球選手時代に体を酷使したため、首、肩、背中など身体いたるところに痛みやコリがあり、特に天気の悪い日などは症状が強く出ていました。

池田親興さん 治療経過
K-7を使用して咬みあわせの検査を行い、顎位置のズレをマウスピースで矯正することにより、徐々に体のバランスが取れてきて、症状もなくなってきました。
今では、マウスピースがないと不安で落ち着かないとまで言われています。

マウスピースが装着されたお口の状態です。違和感も少なく、外見的にも目立ちませんので常時装着することもできます。

■ インタビュー動画

顎関節症に関する無料相談

電話相談は無料です