治療体験談

Nさん(高校教師)44才 女性

初診時の症状
10年ほど前から、疲れたときに鼻筋から額にかけて違和感と、ひどい頭痛がありました。

治療経過
K-7を使用して咬みあわせの検査を行い、顎位置のズレを矯正するためにマウスピースを使ってもらうようにしました。
2週間程度で頭痛がかなり軽減し、その後1か月で初めの症状がほとんどなくなってしまいました。
現在1年ほどたちますが、症状はなくなったままで快適に生活されています。

顎関節症に関する無料相談

電話相談は無料です